Tomimatsu 女性医院

診療案内

TOMIMATSU女性医院では、女性たちの健康ライフを見守らせていただきます。
各症状の詳しい説明などは富松レディスクリニック・婦人科のサイトをご覧ください。

生理不順

生理が来ない、周期が不順でいつ始まるかわからない、月に2回もあった……。

この状態を長期間放置しておくと、だんだん治療も難しくなりますし、精神的にも不安定になるなど、決して好ましい状況ではありません。
いつもと違う状態が続くようでしたら、受診をしましょう。

生理痛(月経困難症)

単に痛いだけではなく子宮内膜症や子宮筋腫の可能性も。

生理痛は『がまん』するもの、薬を飲んではいけない!と考えられてきました。しかし、現在では生理痛は我慢するものではなく、服薬(低用量ピル)の指導をされるようになりました。
生理痛の原因の中には子宮筋腫や子宮内膜症などの病気があることもありますので、痛みをがまんせず受診することをおすすめします。

月経前症候群(PMS)

月経(生理)前に起こるいろいろな症状(イライラ、乳房の張り、眠気、むくみなど)を指します。

治療については低用量ピル(OC)が最も有効です。
ピルを服用することにより、排卵が抑制されて黄体ホルモンの分泌が低下します。この薬の効能は人によって多少異なるようですが、良好な結果が得られる場合も多く、よく試みられる治療法です。

生理の移動

旅行・試験・スポーツの大会など……。そんなときには生理日をコントロールできます。

低用量ピル(OC)を使用して、生理の日を早めたり遅くしたりできます。
たとえば、生理を避けたい日の直前に移動させることもできます。

おりものの異常

色や量の異常、におい、かゆみなど……。ひとりで悩まずにお気軽に受診してください。

いつもと違うと感じたら、まずは検査を受けてみましょう。
ホルモンバランスの変動によるおりものの増加には、低用量ピルが大変有効です。

性感染症

近年増加している感染症もあります。以上を感じたら早めに受診をしましょう。

性交渉によって感染する病気を「性感染症」といいます。最近は若い世代に増加している傾向があり、深刻な問題です。病気をうつされたと思ったら早めに検査を受けること、感染している場合はすぐパートナーと一緒に治療を受けることが大切です。また、ほとんど症状がなく感染に気づかない病気もありますので注意しましょう。

当院の検査では、頻度の高い性感染症について、膣の分泌物(おりもの)を採取して検査を行っています。

外陰部の異常

痛みを伴う水泡や潰瘍が見られた場合は感染症かもしれません。

膀胱炎

排尿時の痛み、残尿感は、膀胱炎の可能性も……。がまんせず受診しましょう。

膀胱炎は、女性に多い病気のひとつです。大腸菌などの病原菌が尿道に侵入することによって起こります。

プレ更年期

閉経前におこる生理不順、不正出血、イライラやのぼせは「プレ更年期」かもしれません。

更年期は、40才後半から50才前半の閉経を迎える時期をいいます。それよりも若い世代、つまり30才後半から40才前半の方に見られる更年期に似たような状況を「プレ更年期のトラブル」と呼んでいます。
治療としては、女性ホルモンを安定させる低用量ピル(OC)が効果的です。

女性のための禁煙外来

タバコは肺がんや脳梗塞、心筋梗塞など、命に関わる病気の原因になります。

女性にとっては喫煙すると肌が老化し、くすみ、シワが増えます。また、不妊症になる危険性が増し、いったん妊娠しても流早産や胎児の発育障害を起こします。さらに閉経年齢が早まり、骨粗しょう症のリスクを上昇させます。
そして、「低用量ピルを飲みたいけれどタバコがやめられない」という方も、ぜひご相談ください。女性の生活を快適にしてくれる低用量ピル(OC)と禁煙で、より健康的な生活を始めましょう。

プラセンタ外来

胎盤より抽出された有効成分をいろいろな疾患の治療に使う治療法です。

胎盤のことをプラセンタといいます。プラセンタ療法とは、胎盤より抽出された有効成分を内服や注射、または皮膚に塗布していろいろな疾患の治療に使う治療法です。
また、効果をお感じになるまでには個人差があるようですが、定期的にお越しになれないときには、のむタイプのサプリメントのご用意もあります。

当院で使用しているプラセンタ治療薬は安全性、有効性の高いメルスモン(内服・注射)です。

点滴療法

栄養素や薬剤を直接血管内に点滴で投与するため、治療に必要な量を100%摂取することができます。

点滴療法は、直接栄養素を血液に投与するため、その力が大きく期待できます。さまざまな治療法と組み合わせることで、よりよい結果へと導いてくれます。
高濃度ビタミンC療法
ビタミンCは抗酸化作用が非常に高く、メラニン合成の抑制、コラーゲン産生の促進作用があります。
高濃度のビタミンCを点滴によって投与することで、全身に効率よくビタミンCを運ぶことができ、美肌・美白、老化防止、疲労回復、免疫力強化、アレルギー軽減、抗酸化力アップなどの効果が期待できます。
高濃度ビタミンC療法はがん治療にも使われ世界中で研究されています。
マイヤーズ・カクテル点滴療法
アメリカのジョン・マイヤーズ医師が開発した点滴療法で、30年以上にわたり慢性疲労、ぜんそく、うつ病の患者様へ行っていました。
人間の体内に存在する栄養素であるビタミンやミネラルを体内に増やすことで、もともと持っている治癒力を高める、という治療法です。
ビタミンB1、B2、B3、B5、B6、B12、ビタミンC、マグネシウムなどを混ぜ合わせ、点滴で体内に注入します。
点滴によってビタミンやミネラルを直接静脈内に注入するため、サプリメントに比べて体内への行きわたり・吸収が早く、より高い効果が期待できます。
グルタチオン点滴療法
強力な抗酸化作用があるため、酸化の原因となる活性酸素から細胞を守る役割があり、人間の身体をサビつきから守ってくれます。
ウイルスやアルコールによる肝障害、パーキンソン病、抗ガン剤の副作用で見られる末梢神経障害に効果的です。
多発性硬化症、繊維性筋痛症にも効果が期待できます。